初めての方へ

はじめにお読みください

このたびは、弊社のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。
奥居不動産事務所では、何かとわかりにくい事の多い不動産について
わかりやすさ」を一番の基本として、営業しています。

特に、弊社が得意として取り組む 「売却専門店」 という立場から
売主様に寄り添った身近な存在であることを何よりも大切にしています。

わかりにくいことは、わかりやすく、専門的な用語もわかりやすく
お客様が不安になることは、すべてわかりにくいことが原因ですから
この部分をきちんと伝えて、本当に安心してお任せ頂けるようにいたします。

どうか、不動産でお悩みの事がございましたら、私にお声かけ下さい。
必ず、お役に立てるよう誠意をもって対応させて頂きます。

専門的な用語

例えば、「売買契約」を「売る人と買う人の約束」という表現にしたらわかりやすいですね。
契約書の中には、違約解除や手付解除などの文章が出てきますが、
「約束を守らない人は相手にこれだけのお金を払うことになります。」という文章では、
長くなりますし、少し格好も悪い感じがしますので、
「契約を履行しない場合は売買代金の〇〇%相当額を相手方に支払い」
・・・というような表現になります。

私は仕事柄、当然契約書の文章を理解できますので、そのままお客様に読むことはしません。
表現をわかりやすく、このような時にはこうなります。とか、この場合にはこうなってしまいます。
と、言葉で伝える大切な機会なのですから一生懸命わかりやすく説明するようにしています。

わかりにくいこと

大手不動産会社で勤務していたころ、契約書などを読み終わってからお客様に
「何かわかりにくい事はございませんか?」とお尋ねすると、
「何がわからないかが、よくわからない」と言われたことがあります。

お客様にとっては、人生で数回あるかないかの不動産売買を私は、仕事として日常的に行うことで、
自分の感覚がマヒしていた訳です。それ以降、契約書などは朗読だけでは意味が無いと考えて
文章を読むことよりもその意味を伝える方法に変えました。

「あ、なるほど」 「そういうことか」 という反面、
「それでは困る」と、逆に意味が理解できる事で契約前に問題点が発覚して、契約を取りやめる事もありました。
しかし、その後新たに契約内容を調整して双方納得のうえに契約できた時には、本当に嬉しく、お客様にも満足頂きました。

それからの私のモットーは、お客様にわかりやすくです!